羅臼のウニ ブドウエビ 羅臼食材 レシピ ご注文方法などはこちらをご覧下さい。
羅臼銀毛鮭 羅皇

26年度は9月上旬からの水揚げを予定しております

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



羅臼漁業協同組合 直営店 海鮮工房
〒086-1833 北海道目梨郡羅臼町本町361番地1
道の駅 「知床・らうす」隣接
TEL 0153-87-3542 FAX 0153-87-3543
通話無料のフリーダイヤル 0120-530-370
アクセス方法はこちら。

羅臼のウニ

購入はこちら

羅臼のウニの種類は?

 

 うにの種類としてはバフンウニムラサキウニがありますが、羅臼で水揚げされるウニムラサキウニよりも濃厚で高級で知られる「バフンウニ」となっております。
ちなみにバフンウニは「ガンゼ」とも呼ばれます。(ムラサキウニは「ノナ」とも呼ばれます)

karatukiuni.jpg

                        (バフンウニ

 

羅臼のウニはなぜ高い?(なぜ美味い!?)

 

 バフンウニの産地としては、当羅臼以外にも沢山ありますが、特に「羅臼のウニ」は他産地よりも高級で知られております。(価格も他産地よりも高価です)

 なぜ、羅臼のウニが他産地よりも高価となるのかについては、次の通りと思われます。

 

1.羅臼というブランド

思い過ごしではないのですが、羅臼の魚は他産地と比べても特に美味しいと自負しております。
※勿論他産地の魚も羅臼の魚に負けず劣らず美味しいですが...
各地の市場や百貨店等のバイヤーや、一個人の方まで様々な方よりお褒めの言葉をいただいております。

 

2.実際に羅臼の「ウニ」は美味いから

先に述べたように、羅臼の魚は美味いのですが、ウニは食べる餌によって味も決まるのです。
では羅臼のウニが餌にしているのは何かというと、勿論「羅臼昆布」なのです。

他地区のウニも昆布を食べてるから同じでは?と思う方もおられるとは思いますが、その「羅臼昆布」が他地区の昆布とは違うのです。
羅臼昆布」を使用している方はご存知と思われますが、使用したことがない方は「羅臼昆布」=高い!!と思われていると思います。
そうです。羅臼昆布は各種ある産地の昆布の中で一番高額だと思います。
なぜ高いかというと、使用したことがある方はご存じだと思いますが、「羅臼昆布」からとれるだしは非常に良いだしがとれるのです。
 

 長くなりましたが、羅臼の「ウニ」はその「羅臼昆布」を餌に育っているので、美味しいのです。

 ※「ウニ」は雑食で何でも餌として食べてしまいます。
当店でも以前水槽で「ウニ」を育てていた時に、羅臼昆布の変わりに魚の身を入れたところ、いつのまにか、食べてしまっていました。
冗談で、バナナを入れたところ、そのバナナも綺麗に食べていました。

 

ウニの漁期について

 

羅臼のウニ漁は1月15日〜6月30日までとなっております。
※その年によって始期や終期が変更となる場合があります
 

 

ウニの操業場所について

 

羅臼では資源保護のため1月〜4月までと5月〜6月とで操業場所を変えています。
図の通り、羅臼港を境に隣町の標津町側までと、知床半島の突端までとなります。

ウニの操業場所

 

ウニの漁法について

 

1月〜4月は全て「たも採り」漁となっており、通称「礒舟」という1t弱の小さい舟で出漁し、昆布漁と同様に「メガネ」で海中を除いて、網がついている棒でウニをすくって採取します。

※5月・6月も「たも採り」漁は実施いたしますが、一部潜水等も実施する場合があります。
 

ウニの漁法

ウニの漁法

ウニの漁法

ウニの漁法

 

ウニの入荷日について

 

出漁の2日後に市場にてセリが行われ、当店にもその日に入荷となります。(例)月曜日に出漁すると水曜日の入荷となります。
※ 但し、金曜日に出漁した場合は日曜日が休みとなるため、月曜日の入荷となります。
※ 数量が少ない場合等の時は、稀ですが翌日セリを実施する場合もあります

 

なぜ、2日後になるのかと言うと、羅臼では「折ウニ」と「塩水ウニ」で出荷するのですが、「折ウニ」については作業工程上非常に時間を要するため、翌日の出荷は間に合わないからなのです。
塩水ウニ」の場合は翌日の出荷は間に合うのですが、それだけだと数量がまとまらないため「塩水ウニ」も「折ウニ」に合わせて翌々日の出荷としております。
 

尚、先に述べたように、ウニ漁は小さい舟のため、時化時や潮の流れ強い場合時等は操業することができません。
又、例え海が穏やかであっても、時化の後や雨の日の翌日等は、海中の濁りのため「メガネ」で「ウニ」を探すことができないため、休漁となってしまいます。そのため、月に数日しか出漁できません。
※ ご注文をいただいてから何週間もお待たせすることが多々ありますので、ご了承ください。
 

羅臼のウニ

羅臼のウニ

 

ウニのランクについて

 

最上級品

羅臼のウニ 最上級品

羅臼のウニ 最上級品

※羅臼のウニ最高ランクの品物ですね。見た目はもちろん、味も甘味が強く、濃厚とはまさにこのことをいうのではないでしょうか。

 

上級品

羅臼のウニ 上級品

羅臼のウニ 上級品

※最上級ランクと比べるとやはり見た目などが劣りますが、こちらの上級品でもご贈答品などには十分くらいの品物ですよ。

 

中級品

羅臼のウニ 最上級品

羅臼のウニ 最上級品

※ご家庭用としてそんなに高いものでなくても・・・っという方はこちらがお勧めです。
羅臼のウニには間違いございません。地元の方々もこのくらいで十分よね・・・なんて言いながらご購入されていきますよ。。

 

その他

羅臼のウニ 最上級品

※中級品よりも下のランクです。
あまり色が黒すぎたりすると「苦味」が強くなったりする場合がございますので、こちらは発送を控えさせていただいております。

 

ウニの賞味期限について
 

折ウニ」は市場出荷日も入れて7日間となりますが、「塩水ウニ」については1月〜4月が市場出荷日を入れて7日間、5・6月は市場出荷日を入れて5日間となります。

 

なぜ、「折ウニ」と「塩水ウニ」で賞味期限が違うかというと、「折ウニ」の場合は作業段階でウニを洗浄する塩水の中に、殺菌や身崩れを防止のために「みょうばん」という薬品を入れますが、「塩水ウニ」の場合は、作業段階から製品に至るまで塩水の中には一切「みょうばん」は使用していないため、外気温によって品質に支障がでるため、暖かくなる5月からは「塩水ウニ」のみ賞味期限を短く設定としております。
 

購入はこちら